大田区 羽田でつくり出す、『羽田×新ビジネス』

人やものが集まり、広がる基点として国内外とつながる羽田の特性を活かし、ものづくりのまち大田区からユニークなビジネスを生み出すアイデアソン。

ものづくりそのものへのチャレンジのみならず、既存のものづくりの高付加価値化や、販売・流通のサービスなど、新たなビジネスアイデアを描くオンラインの“創業体験ワークショップ”です。

オンラインなので大田区在住の方はもちろん、全国・全世界から、どなたでもご家庭のPCから参加費無料でご参加いただけます。アイデアソンに興味のある方、ビジネス創出や起業に興味のある方などお気軽にお申込みください。

ビジネステーマ例
(1)ものづくり産業との連携
区内のものづくり企業や全国のものづくり産業、伝統工芸との連携を想定した大田区発のビジネス。各地のプロダクトを集約させた商品づくりや、大田区と他地域とのものづくりのコラボレーション、大田区のものづくり企業が全国に向けて発信できる新サービスなど、物流の拠点である羽田の利点を活かしたアイデアを歓迎します。
(2)新しい体験づくり
観光、ビジネスなど、様々なシーンで国内外から羽田に集う人々のニーズを満たすために、ものを活かしてユニークな体験ができるサービス。羽田空港を舞台に人々の移動や体験を刷新するビジネスのほか、小売りや飲食などがひしめく商店街、江戸前の海や多摩川などの水辺、古代の貝塚や近現代に文豪たちが暮らした文士村といった歴史や風土など、ユニークな地域特性も多い大田区は、様々な体験を描くフィールドとしても最適なまちです。
(3)ITを活かしたものづくり革命
日々進化を続け、だれでも利用しやすくなったITと、ものづくりの融合によって生まれるビジネス。IoTの活用などによるものづくりのDX化や、羽田を舞台としたデジタルツインによる仮想空間を創出したものづくりの実験フィールドなど、デジタルの活用により羽田が大田区や全国のものづくりビジネスの拠点となれるような未来を描きます。

ゲストと一緒にビジネスアイデアの種を探る、プレイベント
「READY → Startup! 羽田」参加型トークセッション
~羽田発 スタートアップの可能性を探る~
を開催します。
お申込み・詳細はこちらから
https://startup-ota-pre.peatix.com/

基本プログラム
※すべてオンライン

チームビルディング

チーム内ワークショップ

講義受講

メンターによる指導・アドバイス

発表・ピッチ

タイムテーブル
(※予定。都合により変更が発生する場合があります)
1日目(3月12日(金)) PM15:00~PM20:00
□ 開会メッセージ
□ 全体プログラム説明
□ ウォーミングアップワーク
□ チームビルディング
□ アイデアブラッシュアップワーク
□ 各種アナウンス
2日目(3月13日(土))AM10:00~18:00
□ 各種アナウンス
□ ミニ講義「リーンキャンバス/顧客・市場開発」
□ グループワーク/中間メンタリング
□ 各種アナウンス
3日目(3月14日(日))AM10:00~18:00
□ 各種アナウンス
□ ミニ講義「スタートアップピッチ」
□ 発表準備(チームで任意に進行)
□ アイデアピッチイベント
□ 開会メッセージ/趣旨説明
□ オープニングトーク
□ ピッチ本番
□ 投票・審査タイム(参加者投票/審査員による選出)
□ 投票結果発表/審査員講評
□ 各種アナウンス/閉会メッセージ

審査員・メンター

※五十音順
審査員

杉原 美智子

三菱UFJリサーチ&コンサルティング株式会社
ソーシャルインパクト・パートナーシップ事業部 LEAP OVER事業統括

2005年UFJ総合研究所(現三菱UFJリサーチ&コンサルティング)に入社以来一貫して官公庁におけるICT分野のベンチャー施策の立案・実行に従事。 2017年Innovation Platform LEAP OVERを立ち上げ、スタートアップと大企業・自治体によるオープンイノベーションを推進。「持続可能な地域社会の実現」に向けMURCアクセラレータLEAP OVERを主催(現在第4期プログラム開催中)。

角 勝

株式会社フィラメント代表取締役CEO

関西学院大学卒業後、1995年、大阪市に入庁。2012年から大阪市の共創スペース「大阪イノベーションハブ」の設立準備と企画運営を担当し、その発展に尽力。2015年、独立しフィラメントを設立。以降、新規事業開発支援のスペシャリストとして、主に大企業に対し事業アイデア創発から事業化まで幅広くサポートしている。様々な産業を横断する幅広い知見と人脈を武器に、オープンイノベーションを実践、追求している。自社では以前よりリモートワークを積極活用し、設備面だけでなく心理面も重視した働き方を推進中。

増井 雄一郎

Product Founder & Engineer

「風呂グラマー」の相性で呼ばれ、トレタやミイルを始めとしたB2C、B2Bプロダクトの開発、業界著名人へのインタビューや年30回を超える講演、オープンソースへの関わりなど、外部へ向けた発信を積極的に行なっている。
「ムダに動いて、面白い事を見つけて、自分で手を動かして、咀嚼して、他人を巻き込んで、新しい物を楽しんで作る」を信条に日夜模索中。
日米で計4回の起業をしたのち、2018年10月に独立し”Product Founder”として広くプロダクトの開発に関わる。
2019年7月より株式会社Bloom&Co.に所属。
趣味は、最近始めたDJ。呼ばれればどこでも行きます。

メンター

小田 恭央

SSS 合同会社CEO

1977年生まれ。関西大学卒業後、富士通株式会社に入社。2007年に独立し、ITや経営・業務改善のコンサルティング活動を行う。
大田区産業振協会でのアドバイザーや起業家のメンター等、多数の支援実績を持つ。
また、SSS合同会社にて、東北応援キャラクター東北ずん子の運営などを行う。
東北ずん子プロジェクト等で、10回以上のクラウドファンディングを実施。総額1億円以上を調達している。

北 周一郎

Kita Networks合同会社 代表

2000年3月慶應義塾大学政策・メディア研究科修了。在学中には衛星インターネット技術や無線LAN方式の研究に従事。
2000年4月株式会社エヌ・ティ・ティ移動通信網(現株式会社NTTドコモ)入社。スマートフォン開発・ソフトウェア開発環境設計・クロスボーダーM&A等に従事。
NTTグループのコーポレート・ベンチャー・キャピタルである株式会社NTTドコモ・ベンチャーズにて、スタートアップ育成プログラム・ベンチャー投資・オープンイノベーション推進活動を手がける。
2018年より慶應義塾大学SFC研究所上席研究員としてドローン社会共創コンソーシアムに参画。
2019年1月当社代表に就任。

釼持 勝

イー・リゾート代表
都立産業技術大学院大学非常勤講師(社会人高度人材化/シニアスタートアップ担当)

観光業に従事してから38年目。地域経営に従事して20年目。
日本各地のリゾートと地域経済の再生とDMO組成を行う。 わかりやすい実績としては、2002年、ニセコ地域のインバウンド集客の基盤作りと人材育成を支援し、今日のニセコ地域の礎を築くことに貢献した。また佐賀の陶磁器、八丈島の黄八丈、岩手二戸の漆器など伝統工芸の再生事業にも携わる。そのような地域の仕事で、北は利尻島から南は宮古島まで飛行機で飛び回ってきた。
なお東京都立大工学部建築工学科在学時は大田区田園調布本町(多摩堤通り沿い)のアパート住まい。

主催:大田区・公益財団法人大田区産業振興協会